みなさまこんにちは。佐川店事務スタッフ濵口です。
明日は「ひな祭り」です。
先日ご案内しましたように佐川町でも第12回さかわ・酒蔵の道ひな祭りが開催されております。
土日はイベントもおこなわれておりましたが、今年は諸般の事情で規模縮小して開催されたようです。

4日まではきれいにおひな様も飾られておりますのでご紹介しますね。
上町・佐川酒蔵の道周辺では春の花が辻々をかざり、白壁の出格子には格子びなが飾られております。




国指定重要文化財「竹村家住宅」江戸時代より作り酒屋として栄えた商家で江戸時代には名字帯刀も許された名家です。格式の高い佇まいは往時の繁栄ぶりが思い起こせます。
この期間、自由に建物内にも入ることができました。
おひな様も建物に相応しく大切に保管されていた歴史を感じるような立派なものが多数展示されています。



暗い座敷からきれいなお庭が印象的です。


白亜の西洋風の建物旧青山文庫の建物内にもおひな様がシャンデリアの光を受けてキラキラ輝いています!



川領主深尾氏が家塾として創設した明教館。普段は明教館が輩出した佐川町出身の偉人方の写真がズラリ並んだ館内ですが、雛祭り期間中はこちらもおひな様が…。深尾氏の甲冑とともに飾られております。



そしてこちらは国登録有形文化財江戸中期より酒造業を営み栄えた浜口家住宅。(同じ浜口ですが私とは一切関係ございません(^_^;))


現在はさかわ観光協会として営業しており、内部は広々とした古民家カフェとしても営業していて、佐川町特産の物産も販売しております。




こちらは明治15年に作られたという小ふすま付ひな壇のある立派な雛飾りです。
座敷奥にも庭を眺めながらゆったりとコーヒーを飲むことができるスペースがあります。



こちらで頂けるコーヒーは、銀座の名店カフェーパウリスタのコーヒーが提供されています。
ブラジル移民の指導者となった佐川町出身の水野龍氏がブラジルコーヒーの一手宣伝販売権を取得し、銀座にカフェーパウリスタを開業したということです。
「銀座でカフェーパウリスタのブラジルコーヒーを飲む」というのが銀ブラの語源になったそうですよ!ぶらぶらする訳ではないようです(^_^;)
ゆっくりこちらでコーヒーを頂きたいところですが…。


豆や粉のコーヒーもこちらで買うことができるので早速買ってみました。いただくのが楽しみです。(^^)/


お庭もすばらしいです!みなさまもぜひ、雛飾り見物だけではなく、文教の町佐川へ歴史と文化を感じにいらしてくださいね~。

その際にはぜひ、ダイハツ佐川店にお立ちよりくださいませ!!